<< Light | main | Bromptonのサスペンション交換 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

at , スポンサードリンク, -

-, -, pookmark

Lumotec IQ Cyo T senso plus

 昨日届いたBrompton用LEDライト。

Lumotec IQ Cyo T Senso plus

Lumotec IQ Cyo T senso plus。

選んだ基準は
  • ハブダイナモ用
  • オートライト(暗くなると自動点灯)
  • LIGHT24システム搭載(昼間でも自動車へ存在アピール)
  • 停止時も一定時間点灯(スタンドライト機能)
  • 明るい(60lux)
という点。

通勤に使う(かもしれない)ので明るさは正義。

 週末に装着してみよう、と思ったけど週末は出勤予定になりそうなので
アバター横目に取り付けてみた。

私の購入したP6R-Xは安価なシマノのハブダイナモと
B&Mのハロゲンフロントライト(lumotec N)と
LEDテールランプのセットで購入していたので、
ハロゲンフロントライトを取り外して
IQ Cyoに載せ替え。

基本的にはパーツ類(コネクタとかステー)は転用。

ちなみにLumotec Nは本体からハブダイナモ接続用の
黒と黒白の2極ケーブル(黒白はアース)と
テールランプ接続用のコネクタが付属。

対してIQ Cyoは本体からハブダイナモ接続用の
2極ケーブルとテールランプ接続用の
2極ケーブル(10cm程度コネクタ付き)が伸びている。

ハブダイナモ接続用コネクタにはアース極のマークが付いているので
そちらには黒白ケーブルを接続

ハブダイナモ接続用コネクタアップ図

デフォルトでテールランプに伸びているケーブルは茶と黒のケーブルで
黒がアースなので、IQ Cyoの黒白をテールランプ側の黒に、
IQ Cyoの黒を茶に接続。

ステーはそのまま転用した。

IQ Cyoに付属のステーではフロントキャリアブロックに
干渉しそうな位置になってしまうが、転用したステーなら
フロントキャリアブロックにも干渉しない。

IQ Cyoをステーに設置

こんなカンジ。
工具箱の中から手持ちの熱収縮チューブでコネクタ部分を保護。

ハブダイナモを内蔵している前輪を手回ししてみても
結構明るくてGood。

あとは明日実走してみてライトの向きを調整してみよう。

at 21:57, yuduki - 遊月 -, Brompton

comments(0), trackbacks(0), pookmark

スポンサーサイト

at 21:57, スポンサードリンク, -

-, -, pookmark

comment









trackback
url:http://mattari.yuduki.com/trackback/1008660