<< 個人的震災のまとめ(3/11:その1) | main | 個人的震災のまとめ(3/11:その3) >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

at , スポンサードリンク, -

-, -, pookmark

個人的震災のまとめ(3/11:その2)

 震災で都内の電車は軒並み停止中だったので徒歩で帰宅。


この日は午後から雨が降るとの天気予報だったので
普段は自転車通勤なのだが、この日は電車通勤。

そのため、オフィスから自宅まで10kmちょっと?テクテクと。

平時であればあまり歩行者を見かけない通りも、このときばかりは数珠つなぎ。

車道も上り車線は比較的空いているものの、下り車線は長蛇の渋滞。

ノロノロと渋滞してる車の間をすり抜けようとした自転車が
車体を擦る。

響く怒号。

すれ違いざま、ちらりと車体をみるとフェンダーから前ドアにかけて
途切れ途切れだが結構な傷。

無茶な運転はしちゃいかんよ、と哀れなローディーに視線を向けると
ヘラヘラ笑ってやがる。

怒る車体オーナー。

そりゃそうだ。
神妙そうならまだしもヘラヘラされてたら火に油を注ぐようなもんだ。

事の結末に興味がないわけではなかったが、日も落ちて
だいぶ冷え込んできたので岐路を急ぐ。

テクテクテクテク。

普段単なる通勤路として自転車で走り抜ける道筋をテクテク。

「おお。こんなところにこんなお店が。」
なんて新たな発見も。

途中、まだまだ先の長い同僚がホームセンターで自転車を物色するが
みんな同じような事を考えるもので手頃な価格帯の自転車は
軒並み売り切れ。

再び帰宅難民の流れにのってテクテクテクテク。

途中の自動車販売店などでは店員さんが道路にでて
「トイレ貸し出ししてます!」と。
細かい事だけど、こういう心遣いはありがたい。
(結局使ってないけど。)

テクテクテクテク。ひたすらテクテク。
途中、川向こうに渡る同僚と別れて帰宅。

10kmほどを約2時間半。
股関節がイテー

だがオイラの本当の震災被害は帰宅後に判明したのだった!
(次回に続く!?)

at 11:17, yuduki - 遊月 -, Diary

comments(0), trackbacks(0), pookmark

スポンサーサイト

at 11:17, スポンサードリンク, -

-, -, pookmark

comment









trackback
url:http://mattari.yuduki.com/trackback/1008627